キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 千葉での葬儀に参列する時の結婚指輪について : 千葉で行う葬儀のメリットデメリット

千葉での葬儀に参列する時の結婚指輪について

千葉で葬儀をする場合、アクセサリーを控えるのは分かっていても、結婚指輪の扱いは迷ってしまいます。

千葉での葬儀に参列する時の結婚指輪について

通夜や葬儀に参列する場合、基本的にアクセサリーはNGですが、一部身につけていてもOKなものはあります。

 

◎結婚指輪について

千葉で葬儀を行う時は、葬儀場や自宅など場所も異なりますが、マナーに関しては千葉に限らずどこでも同じです。

葬儀の時は一連のパールネックレス、一粒パールのピアスやイヤリングはOKです。

ブラックオニキスもデザインが地味であれば使えます。

もう一つ許されるのが結婚指輪です。

ただしダイヤモンドが入っている場合は、キラキラと光ってしまう可能性があるので、内側に隠しておくか、外すかしておきましょう。

 

◎ファッションリングについて

結婚指輪はシンプルなデザインであれば、葬儀に付けたまま参列してもOKとされますが、ファッションリングはNGです。

少しでもキラキラと輝くアクセサリーは、遺族にとって不快な物となりますので注意してください。

婚約指輪と結婚指輪を常に指にはめているような場合は、ダイヤを内側に隠すか、黒いレースの手袋で隠しましょう。

 

◎まとめ

結婚式なら多少派手でも許される事がありますが、葬儀は遺族への配慮をしなければ行けません。

悪気は無い、いつもつけているから当たり前になっていると言っても、それがマナー違反となる以上は控えるべきです。

よくわからない場合は葬儀場に着く前に、一旦外して無くさないようにケースなどにしまっておきましょう。

結婚指輪でもピンクゴールドのように華やかな印象になる色は、外しておいたほうが無難です。